歯科治療のインプラントは安全

インプラント治療とは、失ってしまった歯列や歯を補うための、外科的な治療法のひとつです。費用が高いという印象がありますが、ブリッジや差し歯に比較して使用感がよく、安全性が高いのが特徴です。インプラント治療のメリットの安全性の理由は、その治療技術にあります。始めに歯茎の奥に、歯の根元にあたる部分を手術で埋め込みます。半年程度経って、自己の顎に定着したころ、歯茎から出ている歯にあたる部分を装着します。インプラント治療は、この術式をとることで、ブリッジのようにほかの歯にけずったり金属をひっかけたりする負担がかからず、噛み心地もより自然に仕上がり、安全性が高くなります。治療は、自由診療の範囲になるため、相対的には高額となります。しかし、人生の中でも、歯は一生付き合っていく必要があるものなので、たとえインプラント治療が額面として高額だとしても、決して高いわけではありません。海外旅行やブランド品がいつか忘れてしまったり必要なくなってしまうのに対して、歯列は生きて食べていくうえで、必要なものです。その費用と思えば高くはありませんし、多くの歯科では、術後5年や10年以内のメンテナンス費用も含まれており、年単位で割って考えると、有意義な投資と言えるでしょう。

↑PAGE TOP

Menu